So-net無料ブログ作成

実感91%【ラプカルム】なら!ワキ汗気にならない

制汗剤 副作用 ブログトップ

制汗剤を使うと乳がんになる? [制汗剤 副作用]

 欧州のがん予防ジャーナルが「アルミニウムを含んだ制汗剤は乳がんを誘発する」と発表したんですって。アルミニウムが肌から吸収され、それが乳房に蓄積して、がん化するということなんでしょうかねぇ?

 アメリカの研究機関は制汗剤のアルミニウムと乳がん発症の因果関係は証明できていないとして現在でも研究中なんだそうです。でも、因果関係があるかもしれないと思うから調べているということかなぁ?

 また、乳がんに詳しい医療関係者は制汗剤を使い続けたために乳がんになった患者は一度も出会ったことがないと述べているそうですが、たまたまその人が出会っていないだけなのかも・・・。
 ちょっと心配になっちゃいますよね。

 ただし、制汗剤をつけると、アルミニウムが汗腺を塞いて、汗を抑制してくれるのですが、アルミニウムは肌には吸収されるものの、乳組織に入ることはないんですって。また、食べ物によって体内に入ったアルミニウムの99%は体外へ排泄されるんだそうです。

 素人が勝手な判断はできませんが、特に問題はないんじゃないかなぁ。それに乳がんを心配するなら、原因はアルミニウムよりもっと悪いものがたくさんあるんじゃないかな。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

制汗剤によるかぶれ [制汗剤 副作用]

 塩化アルミニウムは、制汗剤に配合されている一般的な成分で、汗腺を塞いで汗を止める効果や、殺菌効果があるんですって。ただし、肌への刺激が強いので、肌が弱い人やアレルギーの人が使用するとかぶれてしまうことがあるそうです。配合濃度には注意しないといけないみたいですね。

 特に肌の弱い方は、ロールオンやクリームのような肌に直接塗る制汗剤だと、肌への負担が大きいため、かぶれやすくなりますので注意が必要なんですって。

 このかぶれの原因は、塩化アルミニウムが水分と反応すると塩酸を発生させてしまうからなんだそうです。理科の実験などで金属を溶かす、あの塩酸みたいですよ。まぁ、強塩酸ではないとは思いますが。

 ですから、どうしても市販薬では肌がかぶれてしまうという人には、民間療法にはなりますが、ミョウバン水を使用してみるとか、制汗サプリメントを使用してみるのもいいみたいですよ。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

制汗剤 副作用 [制汗剤 副作用]

 多くの制汗剤に含まれている塩化アルミニウムですが、非常に強い成分であり、副作用があるんですって。一般的な塩化アルミニウム水溶液は濃度が20%ぐらいあるそうで、肌の弱い方だとかゆみやかぶれが起きたりすることがあるみたいですね。

 また、塩化アルミニウムは汗腺を塞いで汗を出なくするものなので、汗の出口がなくなってしまい、行き場を失った汗によって小さな水泡ができることもあるんですって。

 さらに、塩化アルミニウムは私たちの体にとっては異物ですので、超時間の塩化アルミニウムに晒されていると、もしくは塩化アルミニウムが水分と反応して生成された塩酸に晒されていると、肌を守るためにメラニンが生成され、色素沈着が起きることがあるそうです。
 汗を止めようとして、その結果、肌が黒ずむのはいやだなぁ・・・。

 最後に、これはまだ研究段階だそうですが、塩化アルミニウムがアルツハイマーと関係があるのではないかと言われているそうです。

 もう塩化アルミニウムが配合された制汗剤を使うのは止めようかなぁ・・・・。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
制汗剤 副作用 ブログトップ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。