So-net無料ブログ作成
検索選択

実感91%【ラプカルム】なら!ワキ汗気にならない

アセッパー [制汗剤]

 アセッパーという、汗を止めるサプリメントがあるそうですが、服用するタイプだから部分的に汗を止めることはできないですよね。もしそれで体中の汗が止まってしまったら、体温調節はどうするんだろうと思って色々調べてみました。

 アセッパーというのは、汗を止めるというよりは、代謝をよくして、1日に汗をかく回数を増やすことで1回当たりにかく汗の量を少なくするサプリのようです。汗をかくことって、何回とか数えられないような気もしますが・・・。

 少しずつ汗をかくようになるので、一度に滝のようにダラダラを流れる汗はかかなくなるということで、汗のかき方を変えるサプリメントなのかもしれませんね。








脇 制汗 [脇 制汗]

 脇にかく汗で何が嫌かというと、汗染みではないでしょうか?特にグレーのTシャツとかを着ていて、脇汗をかくと最悪ですよね。実際には汗自体には臭いはないので、脇汗をかいたからすぐに臭いが発生するという訳ではなさそうですが、汗染みが見えてしまうとイメージ的に臭そうな感じがしてしまいます。

 ただ、脇は元々汗腺の数が多い場所であり、体温調節には重要な役割を果たしているみたいです。ですから、何でもかんでも汗を無理やり止めればよいという訳でもなさそうです。汗染みを抑えるということであれば、脇汗シート、脇汗インナー、汗染み防止スプレーなどを利用して抑えることも可能みたいですよ。

 化学薬品を使って、本来身体に必要な機能である発汗自体を抑えてしまってもいいのかなぁ?と思われる方や、そういった化学成分がご自身の肌にはキツ過ぎるという方は、こういった方法を試してみるのもいいかもしれませんね。




タグ:制汗 汗染み

制汗スプレー 飛行機 [制汗スプレー]

 飛行機のような密閉された空間にいると、汗のにおいは特に気になりますよね。長時間のフライトの場合だと特にだと思います。

 そんな時に、機内の化粧室へ行ってさっとスプレーできれば簡単にケアできると思うのですが、最近ではテロ防止対策として機内に持ち込めるものも非常に厳しくなっています。果たして制汗スプレーは機内に持ち込めるのでしょうか?

 ということで、ANAのサイトで調べてみたのですが、ヘアスプレー、制汗スプレーなどの化粧品類や、殺菌・消毒スプレー、冷却スプレーなどの医薬品類については、1容器あたり0.5L/0.5㎏、1人あたり合計2L/2㎏までなら機内持ち込み・お預けともに可能なんですって。
 つまり0.5L以下の容器の制汗剤なら、1人4本までは持ち込み可能だということですね。まぁ、いくら長時間のフライトであっても4本は不要ですので、機内持ち込みはほぼOKだと考えてよいかと思います。

 ただし、ガスが充填されたスプレーの場合は、機内で中身が漏れてしまう事故を防ぐためにキャップなどによって漏れ防止の対策がしてあるものに限られるみたいですので、その点には注意が必要みたいですよ。




SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。