So-net無料ブログ作成

実感91%【ラプカルム】なら!ワキ汗気にならない

-| 2016年07月 |2016年08月 ブログトップ
前の3件 | -

制汗剤によるかぶれ [制汗剤 副作用]

 塩化アルミニウムは、制汗剤に配合されている一般的な成分で、汗腺を塞いで汗を止める効果や、殺菌効果があるんですって。ただし、肌への刺激が強いので、肌が弱い人やアレルギーの人が使用するとかぶれてしまうことがあるそうです。配合濃度には注意しないといけないみたいですね。

 特に肌の弱い方は、ロールオンやクリームのような肌に直接塗る制汗剤だと、肌への負担が大きいため、かぶれやすくなりますので注意が必要なんですって。

 このかぶれの原因は、塩化アルミニウムが水分と反応すると塩酸を発生させてしまうからなんだそうです。理科の実験などで金属を溶かす、あの塩酸みたいですよ。まぁ、強塩酸ではないとは思いますが。

 ですから、どうしても市販薬では肌がかぶれてしまうという人には、民間療法にはなりますが、ミョウバン水を使用してみるとか、制汗サプリメントを使用してみるのもいいみたいですよ。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

制汗シート [制汗シート]

 制汗剤シートは服の脇の部分に貼り付けて汗を吸い取り、汗染みを防ぐものかと思っていたのですが、それは脇汗パッドなんですね。ウェットティッシュのようになっていて、汗を拭き取るものが制汗剤シートなんだそうです。

 正直、これで体を拭いたからといって、汗が止まるということはないですよね。どちらかというと、汗をかいた時にこれで体を拭いて、ついでに除菌もするから、汗臭を抑えられますよ的なものなんじゃないかな。

 また、汗臭といっても、軽度な場合に限られていて、ワキガ体質のように重度の場合は制汗剤シートで拭いたぐらいでは抑えられないみたいです。そのような場合は、きちんと制汗・抗菌効果のあるクリームを使うのが良いみたいですね。

 ガチな制汗効果ではなく、ちょっとしたエチケット効果的に使うものとして思っておいた方がいいんじゃないかな。



タグ: シート 制汗
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

制汗剤の使い方 [制汗剤]

 制汗剤を使うときは、汗をきれいに拭き取った後に使うようにするのが原則みたいですね。制汗剤はすでにかいている汗の上からつけてもほとんど効果がないそうですよ。というより、塩化アルミニウムという成分が水分と反応して塩酸を生成し、肌荒れやかぶれを引き起こす可能性があるので避けなければいけないみたいですね。

 使う時間としては、夜の入浴後で、肌がきれいになった時に使うのが効果的なんだそうですよ。入浴による汗が完全に引いた、就寝直前というのもありなんですって。それで翌朝にシャワーを浴びたら、制汗成分が流れ落ちてしまうんじゃないかと思いますが、ちゃんと効果は持続してくれるそうです。個人的には、朝、お出掛けの直前に使ってもいいような気がするんですけどね。

 それに、肌に直接塗る制汗剤の場合は、3日に1度は使うのをやめた方がいいんですって。「えっ、そんなにキツイ成分だったの?」という感じですね。これは守ったほうがよさそうです。

 また制汗剤の使い分けとしては、体臭がそれほど強くないレベルならシートタイプ、中度レベルならスプレータイプ、わきがなどで体臭がきつい方はクリームなど直接塗るタイプがいいみたいです。
 大は小を兼ねる的に、むやみに強い制汗剤を使ったりすると、肌の常在菌まで死滅させてしまって逆に臭いがきつくなることがあるそうなので、自分の臭いレベルをチェックして、適した制汗剤を使うようにしないといけないみたいですね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の3件 | -
-|2016年07月 |2016年08月 ブログトップ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。